有責配偶者からの離婚訴訟を棄却させた事件

夫が離婚を望み、別居したうえで、離婚調停や訴訟を起こしてきた事件で、婚姻費用を申し立て、離婚請求を棄却させた事例

性別:女性
年代:20代
婚姻歴:3年
子ども:2人
職業:会社員

担当弁護士:
城戸

背景

夫が離婚を希望し、実家に帰ってから、生活費も払ってもらえないので、たいへん困っていらっしゃいました。
他の弁護士に相談しても、離婚をすすめられるだけで適切なアドバイスを得られず、途方にくれていらっしゃいました。

相談内容と弁護士対応

DVや浮気等が存在するとのことでしたので、念のため、離婚を勧めましたが、子どものために離婚は考えていないとのことでした。
現在の日本の裁判所の運用では、同居を強制することは現実的ではないため、まずは生活費を確保したうえで、夫が実家から帰ってくる方法を探ろうとの方針を決定しました。
いきなり婚姻費用分担調停をおこすことにより、感情の対立が大きくなり、復縁の可能性が低くなっては困るので、まずはお手紙で復縁と婚姻費用のお支払いをお願いし、不払いが続くようであれば分担調停をせざるをえないとお伝えしました。
そうしたところ、相手が離婚調停を起こしてきたので、当初の予定を早めて婚姻費用分担調停を起こしました。

結果

調停で婚姻費用を確保したうえで、離婚調停を不調にさせました。
相手が起こしてきた離婚訴訟の中で、相手の暴力等を立証し、婚姻関係は未だ破綻していないため、離婚は認められないとの認定を勝ち取り、相手の離婚請求を棄却させました。

コメント

弁護士から見ると、あらゆる理由から離婚を勧めたくなる状況でした。
そこで、離婚をしない方向で手続きを進めつつ、ご本人と婚姻を続ける意思は堅いのか、何度も確認しました。
ですが、最後までご本人は婚姻の継続を望んだので、訴訟では、夫にその思いが伝わるような尋問をこころがけました。
事件終了後、今後の復縁に向けてどう動いたらよさそうかについてアドバイスさせていただきました。


当事務所のその他の解決事例

夫からのDV事例

身体的暴力を受けていた事件について、保護命令を勝ち取り、速やかに離婚を成立させた事例

詳しく見る

妻によるDV事例

妻からの暴力を立証し、DV保護命令を勝ち取った後、有利な条件で離婚を成立させた事例

詳しく見る

婚姻費用分担調停を有利に解決した事例

婚姻期間が浅いにもかかわらず起こされた婚姻費用分担調停を取り下げさせた事例

詳しく見る

監護権を勝ち取った上で、財産分与について有利な解決に導いた事例

自宅を追い出された後、取り返した子どもについて監護権を勝ち取った上で、夫の隠し財産を暴き、有利な解決に導いた事例

詳しく見る

慰謝料を大幅に減額した事案

夫と浮気された妻から多額の慰謝料を請求されて困っているとのご相談を受けました。 状況を聞くと、夫が不貞に積極的で、女性は積極さに押されて不貞に至ったことがわかりました。 不貞期間も長いとはいえ、回数としては非常に少ないこ […]

詳しく見る

不貞の慰謝料を0にしました

20代女性からの相談です。 上司の妻から高額の慰謝料を請求されて困っているとのことでした。 聞くと、上司から襲われ、何度も職場を辞めようとしたものの、上司がその立場を利用し、辞めさせてもらえず、関係がズルズル続いてしまっ […]

詳しく見る

相手方から事実に反するDVの主張がなされた事例

事実に反するDVの主張を退け、有利な条件で早期に離婚を成立させた事例

詳しく見る