監護権を勝ち取った上で、財産分与について有利な解決に導いた事例

自宅を追い出された後、取り返した子どもについて監護権を勝ち取った上で、夫の隠し財産を暴き、有利な解決に導いた事例

性別:女性
年代:30代
婚姻歴:12年
子ども:1人
職業:主婦

担当弁護士:
城戸

背景

DV夫からひとりで自宅を追い出された妻からの相談でした。

相談内容と弁護士対応

離婚の話し合いは長くかかりそうでしたので、まずはお子様が少しでも元気を取り戻せるよう、子どもの面会交流の話し合いから勧めることをおすすめしました。
お母さんと会えるようになり、少しは元気を取り戻したそうですが、今までずっと面倒を見てくれた母親がそばからいなくなったことには変わりないため、お子様は少しずつ不安定になっていっているとのご相談を受けました。
ですが、急に夫のもとに子どもを返さないと、後々の手続きで不利になりかねないので、ぎりぎりまでがまんするようにアドバイスし続けました。
相談者もぎりぎりまでふんばりましたが、子どもが限界に来ているとのことで、夫のもとに返さなかったとの連絡が入りました。
そこで、まずは、本人に監護者指定の調停と婚姻費用分担調停を申し立ててもらいました。
ですが、ご自身だけで調停をするのは荷が重いとのことで、その後、受任しました。

結果

調停及び審判の中で、夫のDVや依頼者の監護実績を立証し、子どもの監護権と婚姻費用を勝ち取りました。
離婚訴訟の中では、夫の隠し財産を明らかにし、高額な財産分与を勝ち取りました。

コメント

近年は、イクメンブームにより、監護権や親権が争われるようになってきています。
そのため、母親だからという理由だけで直ちに監護権を認めていた状況ではなくなってきているようです。
特に、子の取り合い事件は、タイミングを間違うと、取り返しがつきません。
また、平気で財産を隠すパートナーも増えているようです。
様々なテーマで様々に争われる離婚事件は、事件ごとで望ましい解決方法が違います。
ですので、離婚経験があるからといって、その方のアドバイスがあなたに有益とは限りません。
ご自身に最適な解決を導くため、お早めにご相談ください。


当事務所のその他の解決事例

相手方から事実に反するDVの主張がなされた事例

事実に反するDVの主張を退け、有利な条件で早期に離婚を成立させた事例

詳しく見る

婚姻費用分担調停を有利に解決した事例

婚姻期間が浅いにもかかわらず起こされた婚姻費用分担調停を取り下げさせた事例

詳しく見る

慰謝料を大幅に減額した事案

夫と浮気された妻から多額の慰謝料を請求されて困っているとのご相談を受けました。 状況を聞くと、夫が不貞に積極的で、女性は積極さに押されて不貞に至ったことがわかりました。 不貞期間も長いとはいえ、回数としては非常に少ないこ […]

詳しく見る

不貞の慰謝料を0にしました

20代女性からの相談です。 上司の妻から高額の慰謝料を請求されて困っているとのことでした。 聞くと、上司から襲われ、何度も職場を辞めようとしたものの、上司がその立場を利用し、辞めさせてもらえず、関係がズルズル続いてしまっ […]

詳しく見る

夫からのDV事例

身体的暴力を受けていた事件について、保護命令を勝ち取り、速やかに離婚を成立させた事例

詳しく見る

有責配偶者からの離婚訴訟を棄却させた事件

夫が離婚を望み、別居したうえで、離婚調停や訴訟を起こしてきた事件で、婚姻費用を申し立て、離婚請求を棄却させた事例

詳しく見る

妻によるDV事例

妻からの暴力を立証し、DV保護命令を勝ち取った後、有利な条件で離婚を成立させた事例

詳しく見る