妻によるDV事例

妻からの暴力を立証し、DV保護命令を勝ち取った後、有利な条件で離婚を成立させた事例

性別:男性
年代:30代
婚姻歴:2年
子ども:なし
職業:サラリーマン

担当弁護士:
城戸

背景

妻から熾烈な暴力を受け、自宅にも帰れなくなっていらっしゃいました。

相談内容と弁護士対応

妻は申立人の潜伏先を把握していたことから、DV防止法に基づく接近禁止命令の申立のタイミングを見誤ると大変なことになるため、本人と申立のタイミングを十分に確認しました。
妻に会う可能性が低い新居を確保してもらった上で、DV防止法に基づく保護命令を申し立てました。

結果

保護命令を勝ち取った後、離婚の条件として、妻名義の債務はすべて妻が支払うこと、分割での解決金を受けとることで和解しました。

コメント

タイミングを見計らい、DV防止法に基づく保護命令を申し立て、保護命令を勝ち取った後、離婚の条件として、妻名義の債務はすべて妻が支払うこと、及び、分割での解決金を受けとることで和解しました。
妻からの夫に対するDVということで立証の難しさはありましたが、申立前に複数回打ち合わせを行い、証拠を固めたうえで、DV防止法に基づく保護命令を申し立てました。
保護命令を勝ち取った後でしたので、示談交渉においても、有利な条件で和解することができました。


当事務所のその他の解決事例

有責配偶者からの離婚訴訟を棄却させた事件

夫が離婚を望み、別居したうえで、離婚調停や訴訟を起こしてきた事件で、婚姻費用を申し立て、離婚請求を棄却させた事例

詳しく見る

監護権を勝ち取った上で、財産分与について有利な解決に導いた事例

自宅を追い出された後、取り返した子どもについて監護権を勝ち取った上で、夫の隠し財産を暴き、有利な解決に導いた事例

詳しく見る

夫からのDV事例

身体的暴力を受けていた事件について、保護命令を勝ち取り、速やかに離婚を成立させた事例

詳しく見る

婚姻費用分担調停を有利に解決した事例

婚姻期間が浅いにもかかわらず起こされた婚姻費用分担調停を取り下げさせた事例

詳しく見る

不貞の慰謝料を0にしました

20代女性からの相談です。 上司の妻から高額の慰謝料を請求されて困っているとのことでした。 聞くと、上司から襲われ、何度も職場を辞めようとしたものの、上司がその立場を利用し、辞めさせてもらえず、関係がズルズル続いてしまっ […]

詳しく見る

相手方から事実に反するDVの主張がなされた事例

事実に反するDVの主張を退け、有利な条件で早期に離婚を成立させた事例

詳しく見る

慰謝料を大幅に減額した事案

夫と浮気された妻から多額の慰謝料を請求されて困っているとのご相談を受けました。 状況を聞くと、夫が不貞に積極的で、女性は積極さに押されて不貞に至ったことがわかりました。 不貞期間も長いとはいえ、回数としては非常に少ないこ […]

詳しく見る